【特別区経験者採用】志望区が職員を募集してない…

特別区経験者採用

相談内容

直前なのでご回答いただけないかも知れませんが、特別区経験者採用について質問です。私は自身のこれまでのキャリアや年齢が、1級職と2級職の中間だと考えています。

ただし、管理職を目指していきたいと考えているので2級職で受験を検討して準備を進めて参りました。先生の動画、【1級職か2級職か】【希望区の選び方】を参考にし判断しました。

しかし、志望区の中に、ここ数年1級職のみの募集で2級職は採用していない区があります。そういった区は1級職から育てる意向で2級職は採用予定もないですし門前払いでしょうか。

①採用予定はないが第一志望なのでこのまま挑戦する
②1級職に変更して挑戦する

上記の①②、先生ならどちらを選びますでしょうか。ご回答いただけますと幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

YouTube

【特別区経験者採用】志望区が職員を募集してない…

 

YouTube文字起こし+補足

なるほど。これは悩まれる方も多いんじゃないかなというふうに思いますね。

残念ながら、今年の特別区経験者採用に関しましては既に申し込みを締め切っておりますので、どっちかっていうと、来年の方向け、来年受験を検討してらっしゃる方向けの内容にはなってしまいますけれども、大変良い質問でありますので、この際私なりの見解を述べてみたいというふうに思っております。

①と②の問題点

まずですね、質問文の中に①の選択肢と②の選択肢、先生ならどっちを選びますか?っていうようなお話がありました。

結論から申し上げますと、私ならこの①の選択肢と②の選択肢、どちらも選ばないというふうに思います。私であれば第三の道を選ぶかなと思いますね。

どういうことなのか、それぞれ述べてみたいと思います。まずは①の選択肢ですよね。

どういう内容だったか、ちょっと読み上げてみたいと思います。

採用予定はないが、第1志望なのでこのまま挑戦する

この①の選択肢、最大の問題は何かといいますと、区面接に呼ばれない可能性が高いという点です。

つまりですね、2級職で受験をしました。志望区を3つ書いて、人事委員会の面接も突破して最終合格しましたよと。

そこからは区面接っていうことになるわけですけれども、募集の予定がない場合には、第一、第二、第三の志望区から連絡が来ない可能性が高いと思います。もちろん可能性としては、例えば募集予定はなかったんだけれども、突然の人員の異動だったりとか、あるいは退職だったりとかが出て、急遽募集が、って可能性もゼロではないと思うんですけれども、ただ可能性としてはそこまで高くないんじゃないかなと思います。

ですので、せっかく自分が行きたい区があったとしても、そこが募集してない以上は、やっぱりお呼びはかからないんじゃないかなと。ここがこの①の選択肢の問題点かなと。

次に②ですね。これも質問を読み上げたいと思うんですけど。

1級職に変更して挑戦する

つまり2級職ではある区の募集はしてないんだけれども、1級職なら募集してるので、こっちで受けようかなと思うんですけど…というお話だと思うんですけれども。

ただですね、少なくとも質問者さんの場合、文面を拝見している範囲では、2級職で挑みたいなっていう気持ちがあるわけじゃないですか。で、2級職でぜひ挑んでみたいなっていうことを考えている場合、そのためだけにわざわざ1級職に変更して受験をするっていうのは、ちょっともったいないかな、という気がいたしますし、私であれば、そのまま2級職を目指していくかなっていうのが正直なところですね。

わたしなら…

これら①の選択肢の問題点と②の選択肢の問題点、これらをそれぞれ踏まえた上で、お前ならどうするんだっていうことを述べてみたいと思います。私ならこの場合どうするのかっていうと、まず2級職で受験するのは質問者さんと同様、同じだと思います。

だって、2級職になりたいなっていうふうに思ってるわけですから。でしょ?

なので2級職で出願はすると思います。ただ、その上で志望区3区ですよね。

ここに関しては、どんなに行きたい区があったとしても、そこが募集していないよっていうことだったら、多分違う区を書いていくかなというふうに思いますね。つまり、2級職で挑んだ上で、しっかり募集をしている区を3つ選んでいくかなというところですね。

具体的にどうするのかっていう話を、当時受験した私に置き換えて話をしてみたいと思います。私の場合は1級職だったんですけれども、志望区3区ですよね。私は新宿区、千代田区、足立区っていう形で出願をしました。

で、例えばなんですけども、新宿区が募集してなかった場合ですよね。当時は、新宿区も千代田区も足立区も、全部募集してたんです。

仮定の話として、例えば第一志望の新宿区、ここが募集なしだった場合には、多分私だったら新宿区とは書かなかったと思います。その上で、千代田区と足立区を繰り上げて、すなわち第二だった千代田区を第一っていうふうに書いて、第三だった足立区を第二にっていう形で、そのまま上にズンとスライドする感じですよね。

で、第三希望のところが空くわけじゃないですか。何を書いたのか、どこを書いたのかっていうと、おそらくなんですけれども、中野区を書いたかもしれないですね。

何で中野区なのって言ったときに、Gravityの代表でらっしゃる奥田先生(先輩)が中野区で働いてらして、当時から中野区のお話を結構伺ってたんですよ。

実際に区庁舎の辺りだったりとかも案内していただいて、こういうことが中野区では今進んでいて、みたいなことを、計画とかも含めてかなりいろいろ聞いていて、なんとなく馴染みというか、親近感みたいなものがありました。なので、おそらく私は中野区を第三に入れていたと思います。

質問者さんも、第一、第二、第三、現段階でいろいろあると思うんですけれども、でも、例えばある区が募集してないっていうときに、じゃあどこの区にしようかなっていうのって、なんとなくあると思うんですよ。例えば第四だったりとか、第五ですよね。出すんだったらここかな、みたいな。

それをシンプルにスライドしていくっていうのが一番いいんじゃないかなと思いますね。

聞かれたときの対応

もしかしたらね、質問者さんとか、これを見てくださってる方の中には、例えば区面接に入ってから、それについて何か詰められちゃうんじゃないかなっていうふうに不安を抱く方もいると思います。

例えばこれ、どういうことなのかというと、私に置き換えて話すのであればね、私は当時、新宿区内に住んでたんですよ(大学院生の頃)。で、例えばその場合、希望区に新宿区を書かないで、他の区から呼ばれたとするじゃないですか。

で、区面接のときに、当然ですけれども面接調書だったりとか面接カードのところには新宿区在住と書いてあるわけですよ。ってなると、もしかしたらですよ、ちょっと詰めてくる面接官の場合

君、なんで新宿住んでるのに新宿区って出さなかったの?

みたいなことを、詰められちゃうんじゃないかっていう懸念。もしかしたらもつ方がいるかもしれません。

でもその場合に私だったらどうするのかっていうと、

残念ながら、新宿区は今年度の募集をしていなかったので、書きませんでした。

って素直に言うと思います。さすがにそれで詰めてくるっていうことはあり得ないと思うんですよ。

なんでかっていうと

いや!新宿区が募集してなくても!希望してるんだったら出すべきじゃないかね!

っていう圧迫はちょっと考えにくいですよね。控えめに言ってもその面接官、ちょっと狂ってるじゃないですか。クレイジーパピヨンかよっていう。

もしかしたら、ガチガチの圧迫面接であれば、そういう質問が飛んでくる可能性もゼロではないかもしれないですけども、まずそういうのはないと思います。ですから、募集がなかったからそこは書かなかったんです、って素直に言っていけば、それで何も問題ありません。

なので、例えば質問者さんとか、あるいは来年受験していく方ですよね。もしも行きたいなっていう区があったとしても、募集がない場合には、違う区を書いていく。

なんでその区に出さなかったの?一番なじみがあるんじゃないの?

って言われた場合には、

募集がなかったんです。

って素直に言えば大丈夫ということです。併せて、少なくとも質問者さんに関しては、私であれば2級職のまま受験をしたうえで、しっかり募集がある区を選んでいくんじゃないかなと思います。

ということで、この志望区云々とか、2級職か1級職かっていうのは、やっぱり多くの受験生が悩むところだと思うんですよね。今年に関しては冒頭申し上げた通り、申し込みは既に締め切ってますけれども、来年以降の受験を考えていて、という方。

何か他にも質問がある場合には、遠慮なく聞いていただければなと思っております。それでは、また次回のお悩み相談でお会いしましょう。

ありがとうございました。

🏆「特別区合格講座」(定員制)のご案内

特別区合格講座は、「特別区経験者採用・最終合格」に向けて、徹底して「論文対策」と「面接対策」を行う講座となります(特別区経験者採用に完全特化)。
論文のプロである「奥田講師」と面接のプロである「筒井講師」があなたの専属コーチとなり、ダブル指導体制で最終合格へと導きます。

※現時点で定員の約60%が埋まっています。
※定員が埋まり次第、予告なく受付締切となりますのでご了承ください。

≫「特別区経験者採用」に完全特化!特別区合格講座(コーチング指導)

🏆1月開催!「特別区合格戦略セミナー」

特別区への転職はここから始まる。
正しい戦略で最短合格を!

✅特別区の試験制度の説明
✅各試験科目の出題傾向の解説
✅2023年の合格に向けた戦略の解説
✅Gravity合格者情報の提供(充実の合格体験記)

⬇️参加申込はコチラ⬇️
≫1月開催!特別区経験者採用合格戦略セミナー